データ調査

データ

各種データ調査

  • ある人物の生年月日を知りたい
  • マンションまで知っているが部屋番号を特定して欲しい
  • 部屋の契約者を特定して欲しい
  • 携帯電話番号からその携帯電話の所有者を特定して欲しい
  • 車のナンバーからその所有者の氏名、住所を知りたい
  • 他人の銀行口座を調べたい、口座から所有者の住所を特定したい
  • ある人物の勤務先を知りたい

等という問い合わせが探偵事務所アーガスには多く寄せられます。

殆どの人が何らかの理由により、直接会っても教えてくれない人や会うことを拒否している人、会えない人や電話やメールして尋ねる事ができない人、尋ねても答えてくれない人ばかりです。

どういった理由があるのでしょうか?

まず配偶者の浮気相手というケース、金銭の貸し借り関係によるトラブル、商品売買によるトラブル、個人の異性問題、信用問題等が挙げられます。

ではデータ調査の各種について簡単にご説明しましょう。

生年月日を調べるデータ調査

生年月日を調べるためには、正当な理由が必要であり、個人のプライバシーを尊重するために法的な手続きを経ることが重要です。個人の生年月日は個人情報の一部であり、適切な法的プロセスを通じてのみアクセスできます。以下は、生年月日を調べる際に考慮すべきポイントです:

法的な手続き:
生年月日を調査するためには、法的な手続きを経る必要があります。法的な手続きは個人のプライバシーを保護し、違法な情報収集を防ぎます。

許可:
生年月日の情報へのアクセスを許可するために、当該個人の許可が必要です。本人の同意なしに情報を収集することは違法です。

公的な記録:
生年月日は一部の公的な記録に含まれており、法的な手続きを経ることでアクセスできます。たとえば、出生証明書に生年月日が記載されています。

プライバシー法:
個人情報の収集と保護に関するプライバシー法や法的規制が適用される可能性があります。これらの法律を順守することが重要です。

プロフェッショナルの協力:
法的な手続きを遵守しつつ、生年月日の調査を行いたい場合、プロフェッショナルの協力を検討することができます。探偵や興信所などの専門家が法的な手続きを通じて調査を行うことがあります。

生年月日の調査に関しては、個人情報保護と法的規制を尊重することが重要です。違法な情報収集やプライバシー侵害は法的な問題を引き起こす可能性があるため、適切な手続きを踏むことをお勧めします。

マンションの部屋番号を調べるデータ調査

部屋番号を調べることは、通常、特定の法的手続きと許可が必要であり、プライバシーの尊重が求められます。部屋番号情報を取得するためには、以下の方法を考慮することができますが、法的制約を順守しなければなりません:

管理会社やオーナーに問い合わせる:
マンションの管理会社やオーナーに連絡を取り、部屋番号情報を正当な理由と許可をもってリクエストすることができます。理由が正当であることを説明し、許可を得る必要があります。

公的な記録を調査する:
郵便事業者や地方自治体の公的な記録に部屋番号情報が含まれている場合、正当な理由でアクセスできるかどうか調査し、適切な法的手続きを経て情報を入手できるか確認します。

法的な手続きを踏む:
特定の法的手続きを通じて、部屋番号情報を入手できる可能性があります。法的手続きには訴訟、許可を受けたプロセス、または法執行機関からの支援が含まれる場合があります。

プロフェッショナルの協力:
マンション内の部屋番号を調査する場合、調査専門家や探偵などのプロフェッショナルに協力を依頼することができます。彼らは適切な法的手続きを踏みつつ、調査を行うことがあります。

部屋番号情報の調査に関しては、プライバシー法や個人情報保護に関する法律を遵守し、正当な理由と許可を持って行動することが非常に重要です。不法な侵入やプライバシー侵害は法的な問題を引き起こす可能性があるため、法的プロセスを尊重しましょう。

マンション・アパートの部屋の契約者を調べるデータ調査

他人のプライバシーを侵害せずに、マンションやアパートの部屋の契約者を調査することは難しい場合があります。個人のプライバシーを尊重するために、法的手続きと倫理的なアプローチを重視すべきです。以下は、そのような情報を調査する際の一般的な方法です:

管理会社に問い合わせる:
マンションやアパートの管理会社に連絡を取り、部屋番号や住所を提供し、契約者の氏名についての情報を正当な理由と許可を持ってリクエストすることができます。管理会社は、プライバシー規則に従いながら情報を提供するでしょう。

地方自治体の公的記録を調査する:
地方自治体や都市の公的な記録には、不動産の所有者や契約者に関する情報が含まれていることがあります。これらの情報を調査するために、正当な理由と許可を持つことが必要です。

法的な手続きを経る:
特定の法的手続きを通じて、契約者の情報を入手できる可能性があります。これには、訴訟や法執行機関からの支援が含まれる場合があります。法的プロセスを遵守し、プライバシー権を尊重しながら行動することが重要です。

プロフェッショナルの協力:
契約者の情報を調査する際、調査専門家や探偵などのプロフェッショナルに協力を依頼することができます。彼らは適切な法的手続きを踏みつつ、調査を行うことがあります。

契約者の情報を調査する場合、プライバシー法や個人情報保護に関する法律を遵守し、正当な理由と許可を持って行動することが非常に重要です。法律に従うことなく情報を収集すると、法的問題を引き起こす可能性があるため、慎重に行動しましょう。

携帯番号を調べるデータ調査

通常、携帯電話番号を知っているケースは相手から教わる場合が殆どでその後に金品のトラブルなどで相手が着信などを無視した場合にこのようなデータ調査依頼があります。

またパートナーの携帯電話に残されている不審な番号からその所有者である相手を特定したいというケースもあります。

探偵事務所アーガスでは99.9パーセントの高確率で相手を特定致します。

もちろん携帯番号だけの情報でも特定できますが、携帯キャリアによって日数、料金が大きく異なってきます。

携帯キャリアとはドコモ、au、ソフトバンクなど携帯会社を意味します。「携帯キャリア検索」というワードで検索して頂けますと検索できます。

また掛けた際の呼び鈴の鳴る前の音でもキャリアは特定できるはずです。

携帯番号調査において上記したように99.9%特定できますが、キャリアによっては約1ヶ月かかる場合もあります。

ただ、相手の氏名、生年月日またはだいたいの年齢、市区町村レベルでの居住地域などの情報を提供して頂くと1~3日程度で特定できる場合もあります。

尚、氏名、住所などから携帯番号を特定するデータ調査もお受けしております。

車のナンバーを調べるデータ調査

家の周りにいる不審な車のナンバーから相手を特定したい、配偶者や恋人が見知らぬ異性の運転する車に乗り込んだのを目撃した、などの場合、車のナンバーからその所有者の氏名や住所を特定することは現在は難しくなってしまいました。

確かに以前は陸運局などへ行って、多少の手数料を支払えば誰でも確認ができたのですが、現在ではナンバー以外に車体番号までも必須条件となってしまいました。

これでは不審車両のナンバーからは特定ができませんが、探偵事務所アーガスではその特定が可能なのです。

尚、ナンバー調査については大型車、普通車、軽、特殊などによっても期間、料金が異なります。またオートバイに付いても調査は可能ですが、やはり排気量によって異なりますので、お手数ですが探偵事務所アーガスまでご確認下さい。

銀行口座を調べるデータ調査

資産調査の一環として対象者の所有している銀行口座のデータの特定から残高の確認を致します。

これは慰謝料や養育費などの滞納の際に役立つ調査で、特定した銀行口座を差し押さえしたりできる参考のデータ調査となります。

「ある程度の金額がある口座を知りたい」というご相談がありますが、このデータ調査では銀行口座を調べた結果、付随して残高も出せるという事なので残高から調べられるものではありません。

この銀行口座調査は判明した銀行口座分の料金となりますので何口座まで出すかをご指示下さい。

銀行口座の中には対象者が放っている口座(休眠口座)も出てしまいますのでその点の出費もお考えの上、御依頼下さい。

尚、銀行口座と名義人からその名義人の住所を特定することも可能です。

勤務先を調べるデータ調査

通常、尾行により勤務先を判明させますが、アルバイト、契約社員、派遣社員、水商売などを除き、正社員であるという絶対条件があればデータからも勤務先を判明させる事は可能です。

その際、氏名、現住所、生年月日などの情報は必要となります。

これは給料を差し押さえるなどの訴訟準備の為に役立つ調査です。

データ調査は探偵事務所アーガスへ

如何でしょうか?

探偵事務所アーガスのデータ調査はさまざまな場面で役立つ情報を提供しております。詳しくはお問い合わせください。

ただし、ストーカー行為、恐喝行為などの犯罪の為のデータ調査は一切お受けしておりません。契約時にはどういった目的でデータ調査をされたいのかをお尋ねさせていただきますのでご了承ください。

このサイトはデータ調査に特化した探偵のウェブサイトです。